スズメバチの危険に遭わないためにスズメバチ対策。
蜂の巣駆除ならスズメバチ駆除センター 蜂の巣除去のお申し込み
無料見積り

スズメバチ対策

スズメバチの巣が出来やすい場所には、普段から作られないようにすることが大切です。巣を作られ難くする、いくつかの対策をご紹介します。


巣が出来やすい場所は?
巣が出来やすい場所
雑木林の近くにある住宅、軒下、植木や生け垣の中、樹木の空洞、床下、天井裏、外壁の隙間、排気口、戸袋、資材置場、物置、草むら、地中など。
特に巣が多く出来ていた場所
昨年、弊社が駆除した中で最も多く出来ていた場所は、木造住宅の軒下と植木や生け垣の中になります。


巣を作られ難くするには?
庭木や垣根を定期的に剪定する
庭木や垣根がある場合、枝葉が密集し、雨風をしのげる状態になっていると巣が作られやすくなるため、定期的に剪定や刈り込みをしておきます。
巣が出来やすい場所は、隙間を防ぐ
巣が出来やすい場合、駆除が困難な屋根裏や床下などの隙間は、予め網目の細かいネットや金網などで蜂が侵入しないように防いでおきます。通気性に問題がない場合は、網目のある物でなくても、蜂の侵入を防げれば結構です。
飲み残しのジュースの缶や生ゴミを外に放置しない
家の周辺に巣が見当たらないのに、スズメバチをよく見かける場合は、餌を取りに来ていることも考えられますので、飲み残しのジュースの缶や生ゴミ(スイカの皮や食べ残しの果物など)をそのまま外に放置しないようにします。その他、巣が出来始める5月〜6月頃にかけて、女王バチが営巣のため小枝などの巣材を集めに来ることもあり、また、夏場には水溜りなどの水を取りに来るなど様々な理由が挙げられます。
定期的に巣が出来てないか探してみる
家の周辺でスズメバチを見かけたら、巣の出来やすい場所を定期的に探してみます。また、床下の通気口や込み入った垣根など見難い場所は、スズメバチの出入りで巣の位置を確認します。ただし、巣には無理に近づかないでください。特にスズメバチの活動が活発になる8月〜10月上旬頃は、探す際も注意が必要です。


それでも巣が出来てしまったら?
出来始めの巣が小さな内に駆除する
5月〜6月頃から巣が出来始めますので、普段の生活に支障となるような場所に巣を見つけたら、早めの駆除が大切になります。なぜならば、巣が大きくなればなるほど働きバチの数が増え、特に8月〜10月上旬にかけて活動が活発となり、危険性が高まるからです。また、駆除の費用も高くなるため、見過ごさないで巣が小さな内に対処することが大切です。




サービス対応地域
群馬栃木
埼玉茨城

色: 市・町内全域対応です。
色: 市・町内の一部対応。

営業日
12月の営業日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
←この日は休業日です。
お見積りフォームでの駆除
  依頼は24時間受付中!

当サイトについて


スズメバチ駆除センター スズメバチ駆除センター